budo-ka’s 入門「投資」講座

投資信託の積立による資産形成とETF投資(配当益)による生涯年金の取得を目的とした投資法

【緊急告知】イオン銀行が制度変更。イオンカードセレクトを利用している方は、今すぐ確認を!

f:id:budo-ka:20180615182408j:plain

【イオンカードセレクトとは】


イオンカードセレクト って、ご存知でしょうか?

 

イオン銀行のキャッシュカードに、イオンのクレジット機能と電子マネーWAONを一体としたもので、イオン銀行の口座と同時に開設するだけで、普通預金金利0.1%に上がるサービスで、利用されている方も多いのではないのでしょうか?

 

メガバンクや地銀の普通預金金利が、現在0.001%である事を考えると、クレジットや電子マネー機能付きのキャッシュカードを持つだけで、金利100倍に上がる訳ですから、大変お得なサービスと言えます。

 

その大変お得なイオンカードセレクト ですが、7月1日から大幅に制度が変更になるようです。

 

場合によっては、他の金融機関に預金を移したほうが良い場合もあるので、ご紹介したいと思います。

 

【重要な変更点】

 

2018年7月1日より、イオンカードセレクトの特典としての普通預金年利0.1%を廃止し、今後はイオン銀行Myステージの適用ステージによって金利が変動します。

 

イオン銀行Myステージって何それ?といった感じですが、とりあえず〔イオン銀行MYステージ〕のページを見てみましょう。

 

う~ん要約すると、これまでは、イオンカードセレクトのカード持ってさえいれば、普通預金金利が上がっていた訳ですが、今後は持っているだけではダメで、対象の契約サービスの利用ごとに点数が決められ、その点数の合計で各ステージが決まるようですね。

 

【自分のステージを確認する】

 

「うわ~、何それ、話が違うやん!」という声が聞こえてきそうですが、まずは冷静に自分のステージを確認してみましょう。

 

私の場合は、イオン銀行に関しては、気軽にいつでも引き出せて、金利の高い普通預金(貯金口座)としてのみ利用してきたので、対象サービスを確認してみると、下の2点のみでした。

 

・イオンカードセレクトの契約 10点

・インターネットバンクの利用 30点

計 40点

 

40点という事は、ブロンズステージですね。

 

ブロンズステージの特典は、以下のようになります。

 

・他行ATM入出金手数料の無料回数 月1回

・他行宛振込手数料の無料回数 月0回

普通預金金利 0.05%

 

他行ATMでの入出金が月1回だけで、金利は今までの半分ですか…、笑うに笑えないですな(=_=)

スポンサーリンク

 

【これまでと同じ金利の適用を受けるには】

 

これまでと同じ0.1%の金利の適用を受けるためには、最低でもシルバーステージ(計50点以上)以上となります。

 

私の場合(40点)と同じように、普通預金の貯金口座としてのみ利用されていた方は、あと10点必要ですね。

 

対象取引を見ると、

・イオンクレジットの利用 1円以上で10点

WAONの利用 1円以上で10点

WAONオートチャージ利用 10点

 

普段からイオンで買い物をされている方は、上記のサービスは利用されているかもしれませんね。

 

シルバーステージになると、以下の適用となります。

 

・他行ATM入出金手数料の無料回数 月2回
・他行宛振込手数料の無料回数 月1回
普通預金金利 0.1%

 

これまでと同じ、普通預金金利0.1%になりますね。

 

ですので、イオンのクレジットカードやWAONを普段から使っている方、またWAONオートチャージをされている方は、今後もイオンカードセレクト を利用されると良いと思います。

 

イオンカードセレクトのお申込みは、こちら からになります。

 

あとは、定期預金の積立とか、投資信託の積立や残高、外貨預金の積立や残高などでも加点されますが、果たしてイオン銀行で投資を行う価値があるかどうかですね。

【参考記事】 

budo-toushi.hateblo.jp

 

私の場合は、イオンで買い物は、ほとんどしませんし、クレジットカードも楽天カードYahoo!Japanカードを厳選して使っているので、イオンのクレジットカードを使う予定はありません。

また投資に関しても、SBI証券楽天証券を利用しているので、イオン銀行で行う予定もありません。

 


となると、預金を他の金融機関へ移すなどの対応が必要になりますね。

 

【他の金融機関に預金を移すには】

 

イオン銀行では2018年6月30日まで、【MYステージ・スタートキャンペーン】を行っており、期間中は、イオン銀行に口座をお持ちのすべての方にプラチナステージを適用し、その特典として「他行ATM入出金利用手数料無料回数月5回」「他行宛振込手数料無料回数月5回」を利用できます。

 

イオン銀行から他の金融機関に預金を移す場合は、6月30日までに、引き出すか、他行への振り込みを行ったほうが良いでしょう。

 

期間を過ぎてしまうと、資金を移すだけでも大変そうです(^_^;)

 

スポンサーリンク

 

【おすすめの預金の移し先は?】

 

預金の移動先として、イオンカードセレクトと同じように、普通預金金利0.1%を適用している金融機関には、楽天銀行があります。

 

ただし、楽天銀行金利0.1%の適用を受けるためには、楽天証券の口座を開設し、マネーブリッジという形で連携させる必要があります。

 

マネーブリッジというのは、一言で言えば、楽天証券用の投資資金を、楽天銀行で保管しておくようなものです。

 

マネーブリッジについて詳しくは、 こちら のページをご覧下さい。

 

楽天証券の口座を開くからと言って、別に投資をしなければならないという縛りもありません。マネーブリッジの連携だけしておけば良いのです。

 

また、楽天銀行にもハッピープログラムによるステージがありますが、楽天銀行の場合は、基本的に預入残高でステージが決まるので、預金額を増やしていけば、ステージが上がっていき、入出金回数他行への振込回数が増えていきます。

 

楽天銀行のデメリット

 

何だか楽天銀行のメリットばかりを書いてきましたが、当選ですが、楽天銀行にもデメリットがあります。

 

それは、10万円以上の預金残高がなければ、3万円未満の入金に関しても、216円~270円の手数料が取られる事です。出金に関しても同様の手数料を取られます。

 

ただし、新規に口座開設をした場合は、6ヶ月間はATMの入出金手数料が月5回まで無料になるので、その期間に最低でも10万円以上の預金をしてしまうと良いでしょう。

 

10万円以上の預金残高があれば、入出金手数料他行宛振込手数料各1回ずつ無料になります。

 

以降は、預金残高が50万以上になれば、ATM手数料が月2回、他行振込手数料が月2回無料。預金残高が100万以上になれば、ATM手数料が月5回、他行振込手数料が月3回無料になります。

 

ハッピープログラムの各ステージ別の手数料について、詳細はこちらのページをご覧下さい。

 

楽天銀行の新規口座開設は、こちらからです。

 

楽天証券の口座開設は、こちら からになります。

 【参考記事】

budo-toushi.hateblo.jp

 

【今回のまとめ】

 

今回は、イオンカードセレクトの制度変更について紹介してみましたが、いかがだったでしょうか?

 

イオン銀行に関しては、昨年も金利が0.12%から0.1%に下がりましたが、今回は更に大幅な変更になりましたね。

 

日銀の金融緩和政策の影響が、ネット銀行にも随分と出てきたのを感じますね。

 

銀行にとっては、当面厳しい時代が続きそうですが、その負担を利用者に求めるのは、困りますね。

 

まぁ、金融庁が国民に貯金をさせないようにしている訳ですが(^_^;)

 

私達も金融についての情報と知識を勉強していかなければいけませんね。

 

今回も最後までお読み頂きありがとうございます!

 

にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ

 ランキングに登録してみました。応援して頂けると嬉しいです(^-^)